シンプルマニア

シンプルなモノ・コトが大好きな20代男の雑記ブログ

【男性ミニマリストの持ち物⑧】実用性MAX。ワイルシングスのナイロンベルト。そのメリット・選び方も解説

 

 

 

こんにちは!

 

 

ワタルです。

 

 

本日は愛用品紹介第⑧弾

 

 

過去の紹介品はこちら↓

 

 

 

 

そして今回はこちら!

 

 

ワイルシングスのナイロンベルト

WILDTHINGSのナイロンベルト

 

 

WILDTHINGS(ワイルシングス)ナイロンベルトです。

 

 

ベルトが必要無いパンツもあるんですが、必要な時は

レザー製のバックルがしっかりしたベルトを使ってました。

 

愛用品だったレザーベルト

 

しかし、、

 

 

「結構重いのと、トイレの時がめんどくさい」

 

と感じることがありました。

 

 

そこで、、

 

「あれ?そもそもベルトって見えないし

とにかくコンパクトで軽いやつで良くないか?」

 

ということに気づいて探した結果

今ではナイロンベルトを使ってます。

 

 

すごく使い勝手が良いので、メリットも踏まえて紹介します。

 

 

 

目次

 

 

まずは、ナイロンベルトのメリットから

 

軽い

 

はい。とにかく軽いです。

 

軽いベルトを小指で支えている


 

重さを写真で伝えようとしたら謎の写真になりましたが

小指だけでも全然重さを感じません。

 

 

バックルがしっかりしてるベルトレザーベルト

結構重さがあります。

 

 

大した重さでは無いんですが

 

やはり軽い物と比較すると

軽い方が全然つけていて楽です。

 

 

特に一日外出した日には違いを痛感しました。

 

 

薄い

 

見た感じ2mm位ですね!

 

ベルトの薄さが薄い


 

ナイロンは強度が高いので

この薄さでも全然問題無いです。

 

というかシートベルトみたいな感じですね。

 

 

これも地味に大事なポイントで

靴を履く時前屈みになった時に圧を感じません。

 

タイト目なトップスを着て

服に被った部分が目立つ事もありません。

 

 

コンパクト

 

前のポイントで書いた通り

かなり薄いので、丸めても厚みが無くコンパクトです。

 

手の平サイズのコンパクトなベルト


 

普段の収納も旅行などでも

ミニマムに所有することが出来ます。

 

 

着脱が楽

 

一般的な穴に通すスタイルだと、

両手を使ってベルト見ながら付けたり外したりします。

 

 

しかし、、

 

ナイロンベルトならこの様なタイプが多いので

 

 

着用したベルトが外れている状態



着用したベルトを固定した状態


 

パチンと引っ掛けるだけなので着脱がすごく楽です。

 

慣れたらノールックで一瞬で外せますよ。笑

 

 

※ナイロンベルト全部がこのタイプということではありません。

 あくまでナイロン素材のベルトだと、このタイプが多いとの意味。

 

 

汚れに強く丈夫

 

ベルトをアップした写真

 

天然繊維では無いので、水や汚れに強いです。

 

 

ベルトって、付けたり外したり巻きつけて使うので

結構本体へのダメージが大きいです。

 

夏場だと汗が染み込んでしまったり。

 

 

天然繊維の様な経年変化は楽しめませんが

 

ガシガシ使えて、汗とかも気にしなくて良いので

ストレスーフリーに使えるかと。

 

ナイロンじゃ無くてポリエステルでもありかと。

 

 

安い

 

ハイブランドが出している物バックルが特殊な商品だと

高いのもありますが、基本的に安いです。

 

僕ので¥2000とか。

 

 

しかも化学繊維なので、品質に差はほとんど無いでしょう。

 

安くても破れたりすることはなのでご安心を。

 

 

選ぶ時のポイント

 

オールブラックがおすすめ

 

ナイロンベルトに関しては、ファッション性を求めている訳では

無く、とにかく使いやすいか?コーデの邪魔をしないか?

 

を僕は基準にしていました。

 

 

色物でベルトを垂らしてファッション性を出すのも全然良いですが

 

とりあえず実用性重視の方はオールブラックが良いでしょう。

 

 

ベルト幅は2.5~3cmの細身を選ぶ

 

2.5cm幅のベルト

 

こちらも実用性を考えると、幅があるメリットがほとんど無いです。

 

しっかり固定できる感は多少増すかもしれませんが

細身のが良いかと。

 

 

幅があるとベルトループに通しにくい

丸めてもボリュームが出てしまいます。

 

 

かといって2.5cmを下回ると

紐の様な感覚になってしまい

 

これはこれで使いにくいです。

 

 

ベルトループが大きいと

その中で上下に動いてしまうことも。

 

 

個人的な感覚ですが

2.5~3cm位が使い勝手がいいと思いました。

 

 

バックルもコンパクトで軽い物を

 

ここが一番重要ポイントかも。

 

 

ベルト自体が細くて軽くてもバックルが重かったり

使いにくい物だと実用性が下がります。

 

 

ベルト幅だけでなく、バックルも小さい物を。

そして、軽い素材な物を。

 

ベルトのバックル部分

 

 

若干チープな感じはしますが

 

あくまで腰を固定する道具として使用するので

問題無いです。

 

 

ブランドとかはどこでもいい

 

僕の紹介したのはワイルシングスの物ですが

 

 

これに関しては、ここのブランドのこのモデル!みたいな

選び方では無くて

 

あくまで紹介していた点を満たしていればなんでもいいと思います。

 

結構当てはまる商品は色んな場所で売ってるので

ネットで調べれば見つかるかと。

 

僕はZOZOで買いました。

 

あ、でもネットでも一度実物はチェックた方がいいですね。

 

 

↓これがオススメとかでは無いですが、これ位ので十分だと思います。 

 

あとがき:こんな場面では辞めた方がいいかも

 

ナイロンベルトが適してないシーンもあります。

 

それは、【ビジネススーツを着る時や冠婚葬祭の場面】

 

 

その時は、しっかりしたレザーベルト

TPO的にもカッコいいと思います。

 

 

僕は私服だとナイロンベルト

かしこまった場面ではレザーベルトを使ってます。

(最初の写真のレザーベルトとは別)

 

ここは注意しましょう。

 

 

僕自身は全然いいと思いますが

気にする人はいると思いますので。笑

 

 

ただ、普段着で使う分にはカジュアルな服装だけでなく

セットアップの様なフォーマル寄りのスタイルにも

 

結構合うので、ナイロンベルト自体はすごくおすすめですよ!