シンプルマニア

シンプルなモノ・コトが大好きな20代男の雑記ブログ

【男性ミニマリストの持ち物④】これって高級ノートのモレスキン?いいえ、ダイスキンです。

どーも、ワタルです。

 

先日こんな記事をUPしました

 

www.minimamu-wataru.com

 

記事の中にもあった通り、僕は毎日日記を書いています。

 

日々の記録を残したいというのと、その日の事柄を書き込むことで

自分の頭の中が整理されるからです。

 

その際使用しているノートがこちら、、

 

ノート 表紙

日記用のシンプルなノート

 

シンプルなノートなんですが、これすごく使いやすいんです。

 

とある高級ノートにも見えるんですが、実は違います。

 

今回はこのノートを紹介。

 

 

目次 

 

とある高級ノートとは?

 

モレスキン

 

モレスキンってブランドご存知ですか?

 

イタリアのモレスキン社が販売する手帳ブランドで

小さいサイズでも定価¥2000以上の高級ノート。

 

しかも、19世紀後半にパリの文房具屋で販売されていて

あの有名なピカソやゴッホが使用していたノートなんです。

 

伝説のノート

 

の異名を持っています。

 

今でもカルト的な人気がありビジネスマンから作家、ジャーナリストなど

幅広い業界の人に愛されています。

 

ノート モレスキン 表紙

モレスキン表紙

ノート モレスキン

背面にはポケットも
モレスキンの特徴

 

主な特徴としては

 

表紙が重厚なレザーの様で、撥水性のある厚紙

ゴムバンドが表紙に付いており、しっかり閉じれる

表紙内側にモレスキンの刻印

背面内側にポケット付

手帳として使えるダイアリータイプから普通のノートタイプまで

13×21 p240 コンパクトなノートサイズで定価¥3132

 

モレスキン ノート クラシック ハード 方眼 ラージ QP061 黒

モレスキン ノート クラシック ハード 方眼 ラージ QP061 黒

 

 

でも、紹介するのはモレスキンじゃないのでは?

 

そうなんです。

 

日記用として紹介したノート。

見た目はほとんど同じになんですが、、

 

実は100均一ダイソーの商品!

 

モレスキンに似ていることから

ダイスキンの愛称で呼ばれています。

 

ダイスキンの特徴

 

モレスキンの特徴と比較してみると

 

表紙が重厚なレザーの様で、撥水性のある厚紙ほぼ同じ

ゴムバンドが表紙に付いており、しっかり閉じれる←同じ

表紙内側にモレスキンの刻印←刻印は無

背面内側にはポケット付←ポケット無

手帳として使えるダイアリータイプから普通のノートタイプまで←サイズ展開有

13×21 p240 コンパクトなノートサイズで定価¥3132←ほぼ同サイズで¥108 p60

 

細かい違いはまだありますが

大まかに項目で比較すると、こんな感じです。

 

まとめ:使用している中での感想と比較について

 

ノート 見開き

ダイスキン 開くとこんな感じ

 

刻印やポケットなどは、ダイスキンにはありません。

でもこれってノートを使う際にそこまで重要ではないと思います。

 

逆に、使用する際に重要な部分(丈夫で重厚な表紙やゴムバンド)

はモレスキンと同等なので、¥100商品としては十分ではないでしょうか?

 

使用していても¥100の物とは思えない位しっかりしていますし

ゴムバンドも使いやすいです。何より見た目が普通にカッコいい

 

モレスキンのノートは書き込みが裏抜してしまう様で

ダイスキンも多少はしますが、こちらの方が気にならないみたいです。

 

この点に関しては、もはや本家を上回っていますね。

 

2つを目の前で比較したら、やはりモレスキンの方が

造りも良くてカッコいいでしょう。

 

しかし、あくまでノートは消耗品だと思っているのと

中に何を書き込むかが、一番重要だと思っています。

 

金銭的に余裕があれば、モレスキンもいいかと思いますが

実際使用していくコスパを考えると、ダイスキンもかなりおすすめです。

 

ぜひ、ダイソーの店舗に立ち寄った際に探してみては如何でしょうか? 

 

 

(4/12)追記

 

なんとアマゾンでも同様の商品が販売されているみたいです。

 

ページ数もP240 価格も無地なら約¥400 裏にamazonの刻印

 

 

ダイスキンに並んでこちらもオススメですね!