シンプルマニア

シンプルなモノ・コトが大好きな20代男の雑記ブログ

【ミニマリストの履歴書】ワタルのミニマリスト遍歴

 

父 息子 孫 男 子 日没 ビーチ 水 ビーチの夕日 海 休暇 空 夏 太陽 自然 

 

こんにちは!

 

 

ワタルです。

 

 

今日、こんなツイートをしました。

 

 

 

僕自身、ミニマリストと公言しているんですが

 

そんな自分のミニマリストとしての遍歴を紹介したいと思います。

 

 

 

目次

 

 

ワタルのミニマリスト遍歴

 

①漠然とミニマリストに憧れる

 

映画のワンシーンなどの記憶から

 

少ない持ち物で生活することに

漠然とした憧れがありました。

 

 

ただ、ミニマリストという言葉も無かった為

(無いのか浸透してないのか)

 

頭の中には憧れがあるけど、ただそれだけの状態でした。



 

 

そんな中、やましたひでこ氏の本【断捨離】を読み

捨てるという行為がより身近になりました。

 

 

その後、TV等でミニマリストが取り上げれる様になった時

 

「お!これやってみたい!」と影響を受け

 

漠然とした憧れから、行動に移りました。

 

 

②とにかく捨てまくる

 

行動に移すにあたって、自分では深く考えず

 

TVで見た様な、何もない部屋にしたい!

 

との思いから、とにかく捨てまくり売りまくりました。

 

 

一つ一つの物がどれだけ自分に必要なのか?といった部分は考えず

 

数をとにかく減らすことばかり意識していました。

 

 

結果、所有している物自体はかなり減りました。

 

 

③不便でつまらない生活

 

一時的には、何も無い感覚が心地良かったんですが、、

 

物が少ない殺風景な部屋にしたいという憧れがあったはずなのに

 

いざ、してみると退屈に感じました。

 

 

そんな中で、ミニマリストについて調べたりしていると

自分の認識に間違いがあることが分かりました。

 

  

TVのイメージで、とにかく何も無い人だけがミニマリスト

「自分もそうしなければ、、」と思ってたんですが、、

 

 

ミニマリズムの本質は

 

【自分にとって余分な物を減らして、身軽に生きること】でした。 

 

 

何も無い部屋が悪い訳ではありません。

 僕自身の感覚にはあまり合わなかったという話です。 

 

 

④自分の【好き】を再確認

 

余分な物とは何か?シンプルに考えると

 

  • 好きじゃない物
  • 楽しくない時間

 

 では逆に「自分は何が好きなのか?何が楽しいのか?」

 

と自分自身を振り返りました。

 


 

⑤【好き】以外の物・時間を減らす

 

とにかく捨てたので、不要なはほどんど無かったんですが

時間や人間関係ついては意識していませんでした。

 

  • 実は無理をしている人付き合いは無いか?
  • 特に楽しく無い。意味も無いのにしてることはあるか?

 

よく考え直し、当てはまるモノ・コトを

減らす様に意識しました。

 

 

⑥【好き】な物・時間の質を高める

 

自分にとって無駄な物を減らした時に

新しい時間、余計な出費も減るのでお金も生まれます。

 

  • その時間を生かして、楽しいこと(経験)をしてみたり
  • お金を生かして、持ち物をより良い物にアップデートしてみたり

 

自分にとって好きなモノ・コトの質を上げる様に

意識しました。

 

 

⑦快適で楽しい生活

 

自分にとって、好きでは無い物・楽しく無い時間を減らし

余分な出費・ストレスも減ります。

 

自分にとって、好きな物・楽しい時間の質を上げて

お気に入り・有意義な経験が増えます。

 

 

前より、ずっと心地良く生活できる様になりました。

 

 

まとめ:ミニマリズムの本質は何か?忘れない様にしたい

 

日没 日 夏 空 美容 青い空 晴れた日 自然 背景画像 色 ムーン 風景

 

 

これは、あくまで僕の遍歴なんですが

同じ様な人も多いのでは無いでしょうか?

 

 

この記事でも書きましたが

 

僕が思うに、今回の記事でのの部分でこうなって↑しまった人も

結構いると思います。

 

 

正直、⑤以降~現在だと、個人的にはメリットしか無い様に

感じます。

 

 

ミニマリストである目的を見失わない様に

これからも楽しくミニマリズムを実践していきたいと思いました。