シンプルマニア

シンプルなモノ・コトが大好きな20代男の雑記ブログ

一人旅のお供におすすめな本5冊を紹介!

  

海辺で読書する女性

 

 

こんにちは!

 

 

ワタルです。

 

 

先日こんな記事を書きました。

 

 

一人旅について。

 

  


  

一人旅だと時間の余裕があることも多く

手持ち無沙汰に感じることもあるかも。

 

 

そんな時、本を持っていき読書するのもいいですよ

という話をしました。

 

 

そこで今回は一人旅のお供におすすめ

旅系の本を紹介していきたいと思います。

 

 

 

目次

 

 

一人旅のお供におすすめな旅系の本5冊

 

①場所はいつも旅先だった 松浦弥太郎

 

内容

 

サンフランシスコのアパートで恋人と過ごした土曜日の午後。ニューヨークの老舗古書店で大切なことを教わった日。18歳のときに初めてアメリカを旅してからずっと、いくつもの出会いと、かけがえのない日々をくれた場所はいつも「旅先」だった。『暮しの手帖』編集長の著者が、自身の旅について飾らない言葉でひとつひとつ綴った自伝的エッセイ集。軽やかな心で明日から旅に出たくなるような一冊。  ~同書紹介より引用~

 

紹介

 

著者の松浦氏が、世界中を旅してきた中でのエピソード

まとめたエッセイです。

 

短いながらも各エピソードが1つの話としてまとまっているのと

どこかノスタルジックな雰囲気の文章が個人的には好きです。

 

こんな人におすすめ

 

ショートストーリーの方が読みやすい

哀愁がある雰囲気が好き

各国でのエピソードが読みたい

 

 

                           

②私の旅に何をする 宮田珠己

 

内容

 

「たいした将来の見通しもなく会社を辞め、とりあえず旅行しまくりたいと考えた浅薄なサラリーマンのその後」を描いた、出たとこ勝負の旅エッセイ。  ~同書紹介より引用~

 

 

紹介

 

こちらも世界中を旅した際のエッセイ集なのですが

最初に紹介した松浦氏の作品とは雰囲気が全く違います。

 

いい意味でもの凄くふざけた文章で、外で3回程読んだ時

 

毎回笑ってしまい結局毎回4ページ位しか読めず

最終的に自宅で読みました。笑

 

 

独特の文章センスで、爆笑というよりも

 

「ふふ、、笑」とにやけてしまう感じ。笑

 

 

なんというか、、高田純次さんみたいな人のイメージ?

を個人的に作品の中で感じました。

 

 

こんな人におすすめ

 

・とにかく笑いたい

・軽い気分でさくっと楽しみたい

各国でのエピソードが読みたい

 

 

 

③表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 若林正恭

 

内容

 

前作『社会人大学人見知り学部卒業見込』から約4年ぶり、新作の舞台はキューバ!航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない。若林節を堪能できる新作オール書き下ろし!  ~同書紹介より引用~

 

 

紹介

 

先に紹介した二作は各国を旅したエッセイですが

こちらはキューバ1カ国を旅したエピソードの本です。

 

 

しかも、芸能人の若林さんの著書ということもあり

書いてる人を知ってるので、情景が頭に浮かびやすいです。

 

若林さん自身、海外を特別旅慣れた人では無いので

一人旅の緊張感などもしっかり伝わりました。

 

 

今まで特に意識してなかったキューバという国にも

関心を持つきっかけとなった一冊です。

 

 

こんな人におすすめ

 

旅慣れてない人の一人旅のエピソードを知りたい

若林さんが好き

キューバという国について興味を持っている

 

 

 

④パリ行ったことないの 山内マリコ

 

内容

 

パリに行けば、自分が見つかるの?

あゆこは『フィガロジャポン』を10年も定期購読しているのに、パリに行ったことがない。
人生に臆病なまま35歳を迎えたある日、まぼろしの映画『ディディーヌ』に魅せられて、ついにフランス行きを決意する――。

『フィガロジャポン』好評連載に書き下ろし「わたしはエトランゼ」をあわせて完結。すべての女性に贈る、10人の物語。  ~同書より引用~

 

 

紹介 

 

旅をしたというより、10人それぞれの女性が旅に行く決意

ふとしたきっかけから決めるまでを描いた物語。

 

 

先に紹介した三作は体験談ですが、こちらは小説です。

 

 

なんとなくパリが気になってるけど、、という10人。

 

 

それぞれの異なる状況も日常のあるあるを交えながら

書かれているので面白いです。

 

 

こんな人におすすめ

 

・海外に行ってみたいけど行けてない人

パリが好きな人・興味がある人

一人旅をしてみたい人

 

 

 

⑤スーツケースの半分は 近藤史恵

 

内容

 

三十歳を目前にした真美は、フリーマーケットで青いスーツケースに一目惚れし、憧れのNYへの一人旅を決意する。出発直前、ある記憶が蘇り不安に襲われるが、鞄のポケットから見つけた一片のメッセージが背中を押してくれた。やがてその鞄は友人たちに手渡され、世界中を巡るうちに“幸運のスーツケース”と呼ばれるようになり……。人生の新たな一歩にエールを贈る小説集。  ~同書紹介より引用~

 

 

紹介

 

幸運?のスーツケースを手にした人達が

それぞれの旅へ行き、自分の人生を再確認していく物語。

 

こちらも小説です。

 

 

短編のエピソードの様で、1つ1つの話が繋がっています。

微妙に繋がっていく話が、とても興味深く楽しんで読めました。

 

 

こんな人におすすめ

 

・小説で物語として本を楽しみたい

女性の海外一人旅に興味がある

色んな人のストーリーを読みたい

 

 

 

まとめ:自分の旅に合った本を選ぶとより面白い!

 

テーブルの上に置かれた本

 

 

紹介した本の共通点は

とても読みやすい作品ということです。

 

ゴールデンウィークに一人旅に行かれる方にも

おすすめです。

 

 

色々な本を紹介しましたが

それぞれ異なる雰囲気の作品ですので

 

おすすめの点が自分の興味と合った

作品があれば、良かったら読んでみて下さい。

 

 

 

書籍は無数にあるので

僕もまだ知らない作品だらけです。

 

 

他にもおすすめの書籍があったら

ぜひ教えて下さい♫

 

 

ではでは、、