シンプルマニア

シンプルなモノ・コトが大好きな20代男の雑記ブログ

常識の99%はウソである。ホリエモンの【疑う力】を読んで

 

 

こんにちは!

 

 

ワタルです。

 

 

5月に入ったばかりだと言うのに

自分の中で五月病が姿をチラつかせております。笑

 

 

飲み込まれないように気をつけねば!

 

 

そして昨日に引き続き、本日も書評です。

 

堀江貴文氏の著書 疑う力

堀江貴文氏の【疑う力】

 

堀江貴文氏の

疑う力 ~常識の99%はウソである~

 

 

 

目次

 

内容

 

「バイトテロなんかでいちいち騒ぐな」
「大学はオワコン」
「領土に固執する意味がわからない」
「子どもにこそスマホを持たせよ」――。


世間の常識や、マスコミが垂れ流すニュースを盲信していては、一生バカをみる! 
政治、経済からカルチャー、スポーツまで、
誰もが信じて疑わない「当たり前」のウソをホリエモンが突く。
新時代に必要なのは情報力と「疑う力」。
既得権益者と大マスコミが流す「洗脳情報」から目を覚ませ! 
誰も言わない33の提言からみえる、堀江式「発想法」のすべて。 ~同書紹介より引用~

 

 

感想

 

堀江氏らしい物事の本質をズバッと言い抜く一冊。

 

社会で正論をまっすぐ主張すると

人から反感を買うことが多いですが

 

この人はいつもはっきりと主張してくれる。

 

 

そこがやはり堀江氏に支持がある理由だと思いました。

 

 

本書で堀江氏が伝えたいテーマを自分なりに

まとめると、、

 

日本社会での常識への違和感

情報の表面だけでなく本質を捉える

メディア(TV・マスコミ)を信用してはいけない

 

この様なことが中心の話になっていると

感じました。

 

 

軽快な論調で、最後まで読みやすいです。

 

 

メディア情報(特にTV・マスコミなど)に関しては

自分もあてにならないと思いつつも

 

ついつい流されてしまう瞬間もあるので

改めて気をつけないとな、、と思いました。

 

 

堀江氏の書籍をよく読まれている方にとっては

重複した内容も所々あるので

 

目新しいことは少ないかも知れませんが

あまり読まれない方にとっては、有益な内容だと思います。

 

 

 

同時期に販売された、こちらは情報をテーマに書かれています。

こちらも面白いですよ。